コスト削減ができるマニュアル作成ツールとは

マニュアル作成初心者でも読みやすく伝わりやすいマニュアルを作成できるようになるのがマニュアル作成ツールです。

マニュアル作成ツールを使うメリットとは

質の高いマニュアルを作成することができる

マニュアル作成の元になるテンプレートが用意されているので、質の高いマニュアルが作れる

マニュアル作成時のコストを軽減できる

マニュアルをワードやパワーポイントを使って作るよりも、短期間で作成できるのでコスト削減が可能

マニュアルを共有できるようになる

複数支店や店舗を持つ企業にとってマニュアルを共有することでサービスや業務の均一化が期待できます

分かりやすいマニュアルを作る支援ツールが多い

文字の装飾や写真、動画の埋め込みといったようにマニュアルを見やすくする支援ツールが充実しています

必要に応じてファイル形式を選べる

マニュアル作成ツールで作成したマニュアルを、ワードやパワーポイントといったさまざまなファイル形式で出力できる

テンプレートを使うだけですぐできる

防災マニュアル

マニュアル作成のスピードと品質を上げるにはやはりツールの活用です。多くの企業がマニュアル作成ツールを使っており、従来より費用を抑えることもできます。基本的にどんなツールも作成するステップやテンプレートがあらかじめ用意されています。ステップに沿って説明文を入力して画像を埋め込むだけで簡単に品質の高いマニュアルが出来上がります。動画や音声の埋め込みもできるのでより伝わりやすいです。使い方も簡単なのでワードやパワーポイントが苦手な人でも問題ありません。また、マニュアル作成ツールはweb経由で複数拠点と共有できるのも特徴です。特に飲食業やサービス業など全国で展開しているビジネスはサービスレベルを統一する必要があります。複数地域で共有すれば複数拠点への展開を効率的に行えます。

選択肢は2つあります

PC操作

マニュアル作成ツールはクラウド型とオンプレミス型があります。どちらとも数千円から数万円の価格で利用できます。クラウド型は費用が月額数千円と中小企業でも取り入れやすい価格です。サービスによっては初期費用も追加で必要です。機能追加が早いのが特徴で動画の高度な編集の品質は少し劣ります。社内公開機能を持っていますがeラーニングシステムに比べると弱いです。オンプレミス型はソフトを購入してインストールします。数万円のソフトを購入すれば月額費用はかかりません。製品によっては動画の高度な編集ができる場合もあります。その分、社内公開機能を持っていないので公開する場合は動画配信サービスなどの利用が必要です。

性能で選ぼう

PCと電話

クラウド型・オンプレミス型どちらのツールが向いているかは企業で異なります。使い勝手を重視するならクラウド型が良いでしょう。近年のマニュアル作成ツールはクラウド型が主流です。使用期間が長くなれば費用はオンプレミス型より割高になります。その分、社内公開機能が便利なのでマニュアルの保管や公開業務がより効率化します。機能追加も早いのも魅力です。高度な編集をしたい企業はオンプレミス型がおすすめです。マニュアルの保管・公開を紙で行う企業やeラーニングで公開したい企業に向いています。

広告募集中